読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

右足の幅がFでした。

サブ6ランナーかく語りき

武庫川ユリカモメウルトラ70㎞マラソン 2017 反省の記録

f:id:iparappa:20170504094916j:plain

ゴールデンウイーク真っ只中の5月3日、第25回武庫川ユリカモメウルトラ70㎞マラソンに参加しました。

初の70キロ挑戦でしたが、結果は56.5キロの関門でアウト。残念ながら完走には至りませんでした。ただ、やはり走ってみることで見えてくることもたくさんあったので、今回は反省をふまえつつそのあたりをまとめておきたいと思います。

今回のコース、1周17.5㎞を4周する周回コースで制限時間は8時間30分。(56.5㎞の関門は6時間50分)つまりキロペース7分ほどで走り続けることができれば完走することが可能です。

エイドでの休憩時間を考慮すると6分~6分半のペースで走りたいところ。ということはですよ、フルマラソンの距離である42.195㎞は4時間30分ペース。この時点でサブ6ランナーの僕には厳しいかなと、うすうす… 

f:id:iparappa:20170504094915j:plain
▲エントリー人数は約1000人、当日はむちゃ暑かった!

今回の大会、同じ場所を4回走ることになるから景色の変わり映えはないのだけど、約4キロごとにエイドがあって、補給に困ることはありませんでした。この日はとても暑くて少しクラクラしたタイミングもあったけど、かぶり水もたくさん用意されていたし、そういう意味ではすごく走りやすい大会だったと思います。

しかも、自分自身のコンディションも良かったし、朝も余裕をもって受付できたし、何も心配することもなくスタートできました。だから、全く言い訳できません(笑)どう考えても自分の力不足。ホント悔しい。 

f:id:iparappa:20170504094914j:plain
▲今回は写真撮る余裕ないと判断して走ってる途中の写真はないのです。

スタート直後、前にいたウルトラ慣れしてそうな人についていきました。(どこかの100キロマラソンのアームカバーしてた)向こうからするとちょっと気持ち悪いくらいピッタリ後ろを走ります。このランナーがしかしそれはもう見事に6分刻みで1キロ走るので、何とかそれに着いていきます。21キロ過ぎた時、トイレ休憩に入ったのでその後は並走できなかったけど、ハーフを2時間6分ほどで通過。前の宇治川と同じくらい。

ただ、ここから失速。25キロを過ぎてからは6分台で走ることが出来ず、40キロまでは7分後半まで落ちてしまいました。フルの距離を通過した時は正確に覚えてないけど5時間は切ってたので、非公式ながらPB達成。しかしこの時点で前半の貯金を食いつぶし、45キロあたりで完走目安のペースランナーに抜かれてジ・エンド。 

f:id:iparappa:20170504094913j:plain
▲ワラーチの人は僕を含め3人いたと思う。

すでに完走はダメとわかってたけど、悔しいので関門までの約6キロは9分台というノロノロペースで微速前進。果てしなかった…(笑)結局、手元の時計で7時間11分で独りゴール。キロペースは7分36秒でした。関門突破まで20分以上あったので、タイム的にも惜しくないし、何より自分の脚もかなり限界だったので、悔しいけど納得の結果。

 ■そんなわけで、今回の結果でわかったこと
・6分ペースはハーフまでということ
・フルなら5時間以内で走れそうなこと
・フル以上の距離は脚がもたないこと
・やっぱサブ4くらいは達成すべきこと
・ワラーチで56キロまで走れたこと
・完走できずに終わるとかなり悔しいこと

今回の武庫川ユリカモメ、完走はできなかったけどとても走りやすいコースだったし、得られたことも多かったし、とても良い大会でした。もう一回出たいかも。

 f:id:iparappa:20170504094912j:plain
▲銭湯の無料券をもらったので、さっぱりすっきりして帰りました。