読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

右足の幅がFでした。

サブ6ランナーかく語りき

耳が痛い食べ物の話

f:id:iparappa:20160629154343j:image

 

僕は和洋中問わず甘いモノが大好きだ。もう一度言う、甘いモノが大好きだ。

 

そもそも、走るきっかけになったのもダイエットのためで、当時は何の制限もなくお菓子やら炭酸やら貪り食っていたわけで。

 

走ったからといってその習慣が大きく変わるわけもなく、食べたら太るという体質も変わることもなく、未だ質量保存の法則に囚われた生活を送ってます。

 

つまり、食べたいモノを食べるために走っている、といっても過言ではないし、甘いモノを食べる理由で山へ行くというフシもないではない…。

 

とはいえ。

実は2年ほど前に炭水化物を極力抜いて、野菜中心の生活を送ったことがありました。

 

僕は面倒くさがり屋なので、野菜も生で食べれるよう、朝はセロリをボリボリ、昼は自作自演弁当、夜はレタスにレモンと醤油をかけてパリパリ。

 

その間、もちろんご飯やパンも食べるしお肉も魚も食べるし時々飲みに行くし、むちゃくちゃ制限してたわけではないのです。

 

でも、しばらくそんな食事を続けてると揚げ物とか焼肉とかジャンクフードとか、あまり食べたいと思わなくなってくるんですね。不思議と。

 

おそらく年齢のせいもあるかと思うのですが、会社の新人たちと居酒屋へ行って、「好きなもん頼みー」と言ったらテーブルが見事に揚げ物だらけ。

 

あげく、「もう一個カラアゲ頼んでいいっすか?」とか言われると「ついでにタコわさ頼んでくれる?」と言うしかない。

 

いやちょっと話がズレたけど、要はそんな食生活を続けてると身体の方がそうなってしまうということ。

 

ただ、食べ物のことなのでやり過ぎには注意しないといけないなと。結局、僕の野菜生活は謎の体調不良と右半身だけ汗をかく意味不明な出来事のため終了してしまいました。

当然他の要因があったと思うけど、そのストレスに身体が耐えられなかったのはやっぱり食生活だと思う。

 

日々食生活に気を付けるということは、日々走ることと同じくらい大切なのだと思います。同じくすぐに効果が出るわけじゃないけど。

 

先日読んだNumber Doには知らないことや新しい発見がいろいろ書いてました。冷やご飯が良いとかヨーグルトは夜食べた方が良いとか。※個人の感想です。

 

食事については諸説いろいろあって、昔の常識が今の非常識になってたりするので興味深い。悲しいけど菓子パンとか炭酸ジュースが猛毒であることに変わりはないのよね。

 

そういえば、14日間のグルテンフリー検証の記事があったけど、筆者には効果絶大だったらしい。今度、試してみようかしらん。