右足の幅がFでした。

サブ6ランナーかく語りき

トレイルランニング

第4回 奥比叡・仰木棚田トレイルラン 完走の記録

5月に予定していた鯖街道をキャンセルしてからというもの、張りつめていた何かが緩んだみたいで、走る目的が見えなくなるような、そんな時期が続いていた。 でも、この状態のままでは良くないし、「自分の機嫌は自分でとる」って、とあるお笑い芸人も言って…

さよなら、比叡山縦走計画。 山科~比叡山~途中峠

以前から計画していた「比叡山縦走計画」。これまで2回に分けて走ってきたわけだが、今回ついに走破することができた。走破とは言い様で実質「走った」とは言えない内容ではあるけれど。過去の記録については以下のブログを参照して頂きたい。 比叡山縦走計…

裸足はヒーリングなのかという話

先日の日曜日、比叡山へ行ってきた。足裏に派手な血マメを作ってから約1ヶ月ぶりの比叡山。今回は北白川の京都一周トレイルに添った正規の(?)ルートで進むことに。 バプテスト病院近くの登山口から途中の林道までは意外と足裏に優しい路面で、枯葉が溜まっ…

金勝アルプスが思いのほか良かった話

僕が比叡山縦走と並んでトレイルランニングのコースとして計画しているのが、滋賀県は草津東部に広がる「金勝(こんぜ)アルプス」だ。ウワサではゴツゴツした岩場がステキなところらしいがまだ行ったことはない。行ったことはないけど、ないなりにGoogleマ…

比叡山縦走計画:山科から比叡平 〜 比叡山 後半

山科から比叡平を経由して比叡山へ行く途中、暗黒地帯と予測していた2か所の地域がある。それが比叡平~山中町、山中町~比叡山の区間だ。前回、比叡平からの山道はNHKケーブルのおかげでなんとかクリアすることができ、山中町まで無事たどり着くことができ…

比叡山縦走計画:山科から比叡平 〜 比叡山 前半

以前、滋賀県の途中峠から比叡山まで南下したことがあるのだけれど、今回は地元から北上して比叡山を目指すことにした。 JR山科駅から山へ向かって1.2キロ、毘沙門堂が今回のスタート。京都グランドトラバース65のゴールに設定されていた神社でもある。「そ…

”今そこにある危機”にどう向かい、対処するか。

突然ですが皆さんはトレイルランニング中や山登り中、もよおしたことはありますか? 人間、誰しも食べたら出すもの。そのタイミングは時と場合を考慮せず、”今そこにある危機”として訪れることがあります。街中であれば今や郵便局より多いと言われるコンビニ…

比叡山縦走計画:大尾山から日吉大社へ

山中を彷徨いつつも、ついに正しいルートを発見。右ヒザの痛み、左足裏の痛み(イガグリ踏んだ)を気にしながら、とりあえずの目的地仰木峠を目指して走ります。ただ途中からホントにヒザが痛くなって後半はグダグダ。仰木峠以降はキツかった…。 ▲見つけた仰…

比叡山縦走計画:途中峠から小出石越えへ

前回、JR和邇駅から還来神社まで歴史探訪ランを楽しんで来たわけですが、やや右ひざに違和感をかかえつつも早速トレイルインします。ただその入口が怪し過ぎる。 ▲この怪しい登山口からスタート!下草がすごい。 ▲少し進むとちゃんと登山道がある。ここで…

比叡山縦走計画:和邇駅から途中峠へ

まずはこの地図を見て欲しい。 先日読んだ「比叡山1000年の道を歩く」(竹内康之/ナカニシヤ出版)という本で紹介されていた「比叡山系縦走概念図」だ。比叡山に関係ない人には全く興味のない地図だけど、僕にとってはかなり画期的な地図だったりするのです…

東海自然歩道:比叡山中腹を行く

今年、トレイルの大会はもう出る予定がないのでちょっと物足りない気もするけど、気持ち的には何となく気楽な感じ。気ままに裸足を楽しみつつのんびり山を走ろうと思って大文字を登ったものの、思いのほか調子良かったのでそのまま比叡山へ。先日走った京都…

京都一周トレイル 向山に再挑戦してきた話

今週末に控えた「京都一周トレイル グランドトラバース 65」。前回、練習のため北山コース西部を試走したわけだけど、向山を越える時に心折れてしまいました。このまま苦手意識みたいなモノを持ったまま大会に臨むのもどうかと思ったので、克服するため走っ…

トレイルバー(初心者級)を作って食べて比較してみた話

トレイルを走るお供に「行動食」ってものがあります。短時間で手軽にエネルギー補給ができる食べ物のことですが、より効率よくエネルギーを摂取するためのものが「バー」と呼ばれる棒状の食品。しかし、この「なんとかバー」というヤツは結構いいお値段して…

京都一周トレイル北山西部を走って打ちひしがれた話 <後編>

前回、嵐山からスタートして清滝川沿いを走り高雄を経て沢ノ池までやってきました。この先、多少のアップダウンはあるものの、しばらくはフラットに近いトレイルが続きます。ちなみに今回の装備はハイドレーションに水2リットル、いろはす桃味のペットボト…

音羽山から立木観音へお参りにいく <後編>

前回、京阪京津線の大谷駅を出発し、音羽山、千頭岳、大平山を経て奥宮神社に到着しました。ただいまの時刻10:45。大平山で20分ほどロスしたけど、時間的にも体力的にも気持ち的にも全然大丈夫。今回は奥宮神社から岩間寺を通って桜峠、袴腰山、立木山、ゴ…

音羽山から立木観音へお参りにいく <前編>

2017年5月28日、滋賀県の立木観音へ行ってきました。もちろん山道経由で。以前、音羽山を走ってる時に出会った男性が立木観音まで行くと言っていたのを聞いて、そんなトコまで行けるのか!と思ったのがきっかけ。音羽山から立木観音までのルートを丁寧に解説…

北白川から比叡山を行く : 京都一周トレイル <後編>

前回、比叡山ドライブウェイの山頂駐車場に到着。まわりの景色を愛でた後、大比叡方面に向かって出発します。ちなみに比叡山というのは大比叡(848.3m)と四明岳(838m)、二峰の総称。四明岳の三角点は見たことないんだけど、地図を見る限り「ガーデンミュ…

北白川から比叡山を行く : 京都一周トレイル <前編>

宇治川マラソンでの坂道失態がずっと頭に残っていて、これは登りを走らなきゃなと思い…行ってきました比叡山!(ウソ。山走りたかっただけー) 実に10ヶ月振り、比叡山インターナショナルトレイルラン以来のお山でした。 今回は銀閣寺の北にあるバプテスト病院…

地形図っておもしろい。っていうか国土地理院スゲーなって話

左足不調でかれこれ3週間走れてなくて、月末の宇治川マラソンを控えそろそろ焦りを感じてきてますが、今月の牡牛座は「焦って動くとカラ回り、まずは足もとを固めてから」ってことだったので、文字通り足もとを治してから動き出そうと思ってます。 とはいえ…

ホームマウンテン、大文字山を紹介してみる <5>

大文字山登山口近くにある毘沙門堂、紅葉の季節は写真を撮るためたくさんの人が訪れます。「そうだ京都行こう」のポスターにも採用された勅使門前は人だかり。11月26日はイベントもあってとても賑わってました。ちなみに写真は先週、早朝のもの。 その毘沙門…

ダイヤモンドトレイルラン 2016 完走の記録

11月12日(土)に開催された「第5回 ダイヤモンドトレイルラン 2016」に参加してきました。奈良県の当麻寺駅近くに集合ということで、4時半起床、5時半の電車に乗ってスタート地点へ。大会で早起きは普通のことだけど、もし電車が遅れたりしたら大変だなーと…

如意越の道 <後編>

前編ではトレイルを進んでいたつもりがいつの間にか車道に出てしまったところまでお伝えしました。 さて、このまま進むとゴルフ場を突き進み、クラブハウスの裏側から山を下るルートになります。そこではなく、なんとか三井寺方面へ行きたい!そして、どうで…

如意越の道 <前編>

9月19日、敬老の日。この日は台風が近づいていた影響もあり、前日は結構な雨が降ったものの、朝は雨もやんでギリギリのお天気。本当はロードを走るつもりだったけど、急きょ予定を変更、以前そのままにしていた三井寺方面の探索へ行くことに。 ▲普段チョロチ…

ホームマウンテン、大文字山を紹介してみる <4>

今回は大文字山の山頂からスタートします。 前回、頂上でハイカーの方から聞いた頂上からの別ルート、今回はそこを開拓するためやってきました。頂上では以前、比叡山を走った時に顔見知りになったランナーの方と遭遇。人に会うことはめったにないのでテンシ…

ホームマウンテン、大文字山を紹介してみる <3>

本日、8月16日は大文字の送り火。消し炭拾いのナイトトレイルに誘われたものの、明日から久しぶりの仕事。さすがに深夜のトレランはきついためお断りしました。残念…。 というわけで、今回も大文字山のルートを紹介したいと思います。結局、この夏休みに山へ…

ホームマウンテン、大文字山を紹介してみる <2>

整骨院の先生からランニングの許可はでたけど、いまだ本調子ではないため、足の様子を見ながらゆるゆるラン。というわけで、この休みにコースを新規開拓したかったのですが我慢してます。 今回は以前登った大文字山の別ルートを紹介したいと思います。この時…

雨の蓬莱山を登ってきた。(後編)

前回、標高1174mの蓬莱山登頂を達成したものの雲で視界が遮られ、たいした達成感も得られず下山することになりました。しかしながら広い草山に視界が悪くてどこへ行けばいいのか全くわからず、とりあえずリフトがあったのでそれを頼りに下っていきます…

雨の蓬莱山を登ってきた。(前編)

7月17日(日)曇り、三連休のなか日ということもあって電車を乗っていつもよりちょっと遠くのお山へ。今年はいろんな山へいこうという裏テーマがありまして、まずはこちらの「蓬莱山」へ。ちなみに山の名前は中国の三神山のひとつから来ているそうだけど…

心と脳と身体とワタシ。

心と脳と身体の話。今回、結論から先にいうと「具体的な目標を口に出すことでパフォーマンスが向上する」ということ。 身体を動かすのは脳からの指令であるわけだけど、脳へ指令を出すのが気持ち的な問題ともいえるようで、つまり脳が指令を出すように仕向け…

逢坂山から音羽山を越えて醍醐へ <後編>

音羽山山頂からの続き。ここから滋賀県の石山寺へ抜けるルートがメインですが、今回は醍醐の方へ向かいます。秀吉が花見フェスを開催した醍醐寺がゴール。 ▲まずは牛尾観音を目指します。 ▲途中、膳所駅に抜ける道も。このコースはエスケープできるとこが多…