右足の幅がFでした。

サブ6ランナーかく語りき

【読クソ完走文】漫画 バビロン大富豪の教え/ジョージ・S・グレイソン

バビロンという響きにはアトランティスやムー大陸のような神秘的な響きがある。 しかしこれら2つと異なるのは、バビロンは実在を立証されているということだ。 バビロンは古代メソポタミアの都市のひとつで、そこから王朝へ発展し「目には目を」でおなじみ…

【読クソ完走文】日常をポジティブに変える 究極の持久力/鏑木 毅

このブログに投稿している他の記事を見てもらえればわかるのだけれど、僕の趣味はランニングだ。 とりわけ、山道や野道を走るトレイルランニングが大好きで、地元の山へはちょくちょく出掛ける。 そんなトレイルランニング界のレジェンドと言えば、なんと言…

【読クソ完走文】絶望読書/頭木 弘樹

ここしばらく趣味のランニングができていない。 どうも夏過ぎから右脚が痛く、とりあえず休養中だ。 とはいえ、ここまで走らないと不安になってくるし、非常に焦る。 たかが趣味でもこう思うのだから、もし病気で長期入院になった時はどれほど不安になるだろ…

【読クソ完走文】恐い間取り/松原タニシ

結婚して10余年。独りで寝るということがなくなった。誰かと住んだら、そりゃあそうだ。 子供が出来てからは一緒に寝ることも多く、なんなら雑魚寝で一家全員がひと部屋で寝るなんてこともあった。 そんな環境が続いたためか、出張へ行きビジネスホテルで独…

【読クソ完走文】しょぼい起業で生きていく / えらいてんちょう

最近、自分の中でテーマになっている「今後の人生と仕事」について。 まだまだ納得いく答えが出る気配はないけれど、いつどこでどうなるかわからないので、アンテナは張るようにしている。 そんな中、先日ブログに書いた「レンタルなんもしない人」の本に出…

【誰が】XeroShoes の鼻緒部分を修理してみたよ【見るねん】

普段、僕が愛用しているXeroShoesのCloud。 以前は「Amuri Cloud」って名前だったけど、どうやら名称変わったみたい。 XeroShoesには「5,000マイル保証」っていうのがあって、その距離を走るまでに壊れたら60%オフで交換してくれるらしい。 「らしい」とい…

【読クソ完走文】レンタルなんもしない人のなんもしなかった話/レンタルなんもしない人

女性が一人でポケモンGOをプレイしていると、ナンパめいた感じでよく声を掛けられるらしい。 そうならないよう「レンタルなんもしない人」に来てもらって、ただただ近くにいてもらうという。 そんなニュースをネットで見たのが、僕が「レンタルなんもしない…

【読クソ完走文】喰ったらヤバいいきもの/平坂 寛

僕は決して食道楽なわけではないのだけれど、年々食に対する興味は深くなっている。 食べれるモノは何でも食べたいし、初めてのモノ、珍しいモノは是非とも口に入れたい。 これは「何事も経験」という自分の考えと、「話のネタになる」という関西人の打算的…

【神と仏の長距離走】稲住神社〜梅林寺〜円光寺

鴨川で繁殖している外来植物、オオバナミズキンバイの駆除が行われたこの日、安倍晴明ゆかりの神社とお寺へ行くことにした。 晴明神社へは以前いったことがあるけれど、晴明ゆかりの神社仏閣は京都にいくつか存在する。 ▲椎名誠氏にして「ベニテングダケ」と…

8月を毎日走って思ったこと。

昨年末にケガをしてからというもの、年が明けてもあまり走るモチベーションが上がらずはや半年が過ぎた。 これではイカンと大好きなトレイルの大会出場を目標に日々の走りを見直してみるものの、これが思ったように身体が動かず大会参加は見送ることに。 い…

【神と仏の長距離走】大悲山 峰定寺

今回は出町柳からスタート。 ナイルデルタ、メコンデルタに肩を並べる世界三大デルタのひとつ、出町柳デルタ。(うそ) この日は台風が近づいているとのことで、空もやや曇り気味。天候に少し不安はあるものの、目的地として設定したお寺に向かってスタート…

【読クソ完走文】思わず考えちゃう/ヨシタケシンスケ

なにをかくそう、僕は大学時代に思想・哲学を専攻していたのだ。 …なにもかくすことではないし、とりたててスゴいことでもないけど。 思想とか哲学っていうと、「そんなことやって何か意味あんの?」という声が聞こえてきそうだ。いやむしろあるなら僕に教え…

【読クソ完走文】すいません、ほぼ日の経営。/糸井 重里

スローライフ、シンプルライフ、そんなもんクソくらえじゃーぃ! と、叫びたくなるほど僕はハイセンスな生活に憧れている。 量より質を重んじ、理知的でありながらユーモアがあり、趣味や好みが高尚で、どこか余裕ある振る舞いながらも好きなことには情熱を…

【神と仏の長距離走】御金神社 ~ 神泉苑 ~ 蚕ノ社

京都市内で京都らしい景観のひとつ、白川。今回はここからスタート。 岡崎から祇園まで続くこの川沿いは街中をゆるゆると流れていて、そのまわりにもいくつかのスポットがある。 先日、「光秀の定理」という小説を読んだ。個人的には釈然としない内容で、「…

【読クソ完走文】1日ごとに差が開く 天才たちのライフハック/許 成準

皆さんは天才をご存知ですか? 華々しい成果を上げた人を紹介されると、うぉ!さすが天才!と感嘆する。 だけど、身近にそういう人を見ていると、得意分野以外の出来なさっぷりに、こ、これが天才ってヤツかッ…!と一歩引いてみたり。 天才にはいわゆる発達…

【琵琶湖一周ジョグトリップ計画】彦根 ~ 近江塩津

昨年の10月から更新が滞っていた【琵琶湖一周ジョグトリップ計画】。今年のGWを使ってやっと続きを走ることができた。 すっかりレポートが遅くなってしまったけど、自分の今後のためにもちゃんとまとめておこうと思う。 さて、今回は前回の続き、彦根駅から…

【読クソ完走文】かぼちゃを塩で煮る/牧野 伊三夫

以前にも書いたと思うのだけれど、僕は丁寧な生活をしている人に憧れる。日常のささいな事にこだわりを持っていたり、旬や季節を大切にするような人だ。 とりわけ、食に対して趣深く接する姿勢はとても素敵だと思う。 念のために言っておくが、何も高級料理…

【読クソ完走文】ハルはめぐりて / 森泉 岳土

海外旅行に行ったことがある人の方が偉い、とは全く思わない。 けれど、知ってる人がいない、言葉も通じない、右も左もわからない…そんな状況で独りで過ごすあの不安と緊張、それから高揚感は何ものにも代え難いもの。 この経験はやはり国内では味わえない感…

【神と仏の長距離走】青龍妙音弁財天 ~ 聖護院 ~ 金戒光明寺 ~ 岡崎神社

前回、宝鏡寺で少し不思議な体験をしながらも最終目的地である金戒光明寺に向かって引き続きひた走る。 京都御所の北側に位置する相国寺。今回はここを起点に話を進めていく。 相国寺は足利家の威信をカタチにしたようなお寺で、烏丸通りを挟み「花の御所」…

【神と仏の長距離走】菅原院天満宮神社 ~ 護王神社 ~ 白峯神社 ~ 宝鏡寺

これまで京都の免許センターはかなりヘンピなところにあって、更新の度に辟易していたのだけれど、最近、優良ドライバーは京都駅前で更新できるようになった。 ほぼペーパーの僕は優良も優良、さっそく駅前で手続きを行い、無事に滞りなく更新することができ…

【読クソ完走文】鯖/赤松 利市

東京は神田のとある居酒屋で「鯖缶バター」というメニューを食べたことがある。 なんて事はない、味噌煮の鯖缶にバターをひと切れ入れて缶ごと温めるだけ。 コンロに網をひいて缶を乗せるだけなので、家でもたまにやるのだけれど、これが手軽で美味い。 もう…

【読クソ完走文】日本進化論 / 落合陽一

4月になって新入社員が入って来た。ということは、僕の勤続年数も増えたわけで、また社内の先輩度がひとつアップしたわけだ。 そんなことに何の意味もないことは承知の上だけど、年功序列を重んじる日本社会では、先輩の意見が後輩にとって無視できないもの…

【神と仏の長距離走】市比賣神社 ~ 蓮光寺 ~ 若一神社

寒の戻りとやらで2、3日ものすごい寒い日があったけれど、週末のこの日は天気も良くて暖かく、まさに春って感じの一日だった。 ちょうど我が家の爬虫類たちのため、ペットショップへエサを買いに行く用事があったので、それに合わせて神社仏閣を巡りながら…

【読クソ完走文】読書する人だけがたどり着ける場所/齋藤 孝

「読クソ完走文」などという書き物を始めて、はや1年が過ぎた。 自分自身、読解力も記述力も向上したという実感はないけれど、思っていることを表現する、ということに関しては、幾許か上達したのではないかと思っている。 それでも過去の文章を読み返すと…

【読クソ完走文】ざんねんな努力/川下 和彦 たむらようこ

最近、ちまたで流行りの「残念な」シリーズ。本来思っていたものと異なることを指したり、自虐的な意味合いだったりする。 この「残念」という言葉に深い意味をもたらしたのはSNSの影響じゃないかと、僕は思っている。 リア充を装って背伸びした投稿、盛りに…

【読クソ完走文】カレーライスを一から作る/ 前田 亜紀

前回、「子供に教えたいこと」をテーマに書いたので、ちょっと似通った内容になるかもしれないけど、これも是非、子供たちに体験してほしい。 というか、僕が体験したい。それが本書「カレーライスを一から作る」である。 これはグレートジャーニーこと、関…

【読クソ完走文】メシが食える大人になる!よのなかルールブック / 高濱 正伸

小学校では昨年から道徳が「特別の教科」として施行されている。どのような内容をおこなっているのかは知らないけど、教科である以上、評価の対象となるそうだ。 道徳というもの自体、つかみどころがないと言うか、何を持ってして道徳というのか、これまた不…

【神と仏の長距離走】晴明神社 ~ 大将軍八神社 ~ 法輪寺

昨年のケガでお正月は初詣に行くことなく、文字通り寝正月を過ごしたわけだけど、今年は長男が受験ということもあり、ここいらでお参りに行っておこうと腰を上げたのが2月。 話は翻るが、僕が走り始めた頃、走るモチベーションとして神社仏閣を目的地にして…

【読クソ完走文】極夜行/角幡 唯介

およそ読書という行為は、経験したことのない出来事を想像して嬉々としたり悶々としたり感涙したり、いわば作者が作り出した世界を追体験することだと思う。 しかしながら、この「極夜行」に関してはどれだけ想像してもその上をいくだろう壮絶な体験が記され…

【読クソ完走文】パパラギ/エーリッヒ・ショイルマン

「パパラギ」ー 雰囲気的にあまり馴染みのない言葉だけど、これはサモア語で白人(主にヨーロッパ人)のことを指す。 本書には「はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集」というサブタイトルがつけられていて、文字通りサモアの酋長がヨーロッパを訪…